晴れない・・・ホント雨ばかりの日々で嫌になってきますね。
8月の両神山、9月の木曽、両日共に雨にやられました。
この10月の3連休は最終日のみ晴れ予報です。

さて、どこに行きましょう?
候補地リストを眺めてみる。
よし、今回は群馬の藪塚にある石切場跡へ行ってみよう!

藪塚石切場跡はドラマのロケ地にもなった場所で、隠れた名所(?)といった感じです。
ではでは、そのB級スポットぶりを堪能しに出発しましょう!(・∀・)

『湯元 藪塚館』を一旦ナビ目標に設定し、
藪塚館の前を通過して写真の石切場入り口へやって来ました。
群馬県立東毛青少年自然の家、もしくは滝野神社を目安に来てもいいかもしれません。
後で知ったのですが、そちらの方に無料駐車場があります。

座標
36°22'02.3"N 139°19'23.2"E

ここから石切場まで数分の歩きです。
路肩にバイクを止めていざ出発!

荒れたところはなく、安心して通れます。
通常の運動靴で良いですが、ハイヒールはNGかと。

分岐道標がありました。

まっすぐの道は石切場。
左の階段を登ると滝野神社へ続く様です。
とりあえず石切場へ向かいましょう。

切り通しの向こうに巨大な壁が見えてきました!

来たぞぉ!藪塚石切場跡だ!!

ん〜っ!
素晴らしい!!!ヽ(・∀・)ノ
さすがグンマだ!

入り口の広場の様子です( ´ ▽ ` )ノ

なんだか今一つ分からない案内板だ!

正面の奥へ進んでみましょう!

おぉっ!
なんだこの造形!
なんか興奮してきたあぁっ!!( ゚∀゚)

切り出したものを下ろしたりした跡だろうか?
この穴の奥がどんなスペースになっているのか、めっさ気になる!
こんな時ドローンがあると楽しいかもしれませんねぇ。

天面を見上げてみると、工事担当者のものと思われる文字が書き込まれていた。

何故天面に文字を書き込んだのだろう?
何か業界の決まりでもあるのでしょうかね?

足元は水たまりになってました。
ここ最近の雨の影響でしょうかね。

石切場の奥の様子です( ´ ▽ ` )ノ

入り口広場に戻り、右側の斜面を見てみる。
登れそうなので、ちょいと行ってみましょう。

豪快にくり抜かれた空間だ!

無造作に放置された切り株達が見える。

かつてはこの石切場に350人程の作業員が働いていたらしい。
人がいなくなった現在、それは自然に還りつつあるのだ。
その様が実に美しい。

次に、入り口広場から左の奥へ進んでみましょう。

おぉ〜、こいつもまたスバラシイッ!

わざとこんな形にしたのかよ!って感じの造形美!

トゥームレイダーに出てきそうなシーンだ(・∀・)

ほんと、どうやってくり抜いたんだろう?
見事なものですねぇ〜

丸い穴がそこら中にあいてます。
丸太か何かをあてがったのでしょうか?

穴や溝の一つ一つに意味があるのでしょうね。
当時の作業工程を見てみたいものです。

真下から見上げるアングルで撮ってみた。
もう完全に遺跡って感じ。
正にトゥームレイダーの世界だぜ!

むっ!
横穴を発見!!
入ってみましょうヽ(・∀・)ノ

とても狭く、しゃがみながら通ります。

反対側から横穴を見たところ。

どうやら石切場の上に続いている様です。

斜面の途中から正面を見据えてみる。

山道の様ですが、踏み跡がしっかりとあります。
かつては運搬に使われていたのでしょうか?

真上から石切場を見下ろしてみる。
踏み外せば確実に死ぬので慎重に。。。

更に山道を進んで行くと、何か見えて来ました。

おっと、道標だ!
どうやら、先ほどの神社との分岐から階段を登ってきた道と合流した様です。
なるほど、ここに繋がっていたのか。

では、今度は神社に行ってみましょう。

『東毛青少年自然の家』の道標がありました。

ちょっとしたハイキングコースみたいだ。
散策に丁度良いですね(´ー`)

池の脇の道を進みます。

滝野神社に出た様です。
こぢんまりとした建物ですねぇ。

鳥居の向こうは田んぼと住宅地です。

神社脇の池。
良い雰囲気です。

小さな狐様達が並んでます(´ー`)

いいねぇ〜。
こういうの大好きです。

これはガマズミでしょうかね。

おっ、アケビがあった!
好きなんですよねぇ〜

・・・と思っていると、
近くに居た人に分けてもらっちゃいました( ´ ▽ ` )ノ
やったぁ、ありがとうございます!!

神社の前は無料で利用できる駐車場になってました。
車で来るなら、こちらからの方が良いかもしれませんね。

石切場まで戻って来ました。
いや〜。堪能させて頂きましたよ(´ー`)
良いものをみせて貰いました。

さて、本日の目的は達成されたのですが、時間的にはまだ余裕があります。
この後何も決めていなかったのですが、とりあえず近場の道の駅へ行って飯にでもしましょう。

国道353号線の『ぐりーんふらわー牧場』へやって来ました。
道の駅へ来たつもりだったのですが、一本となりのレストハウスへ入ってしまいました f(^_^);;
まぁいいやw

お昼は過ぎてしまいましたが、とりあえずラーメンを注文。
まったくもって普通のチャーシューメンが出て来ました。。。
味にもう一工夫欲しかったなぁ(´・∀・`)

でもって、ツーリングマップルを眺めてみる。
近くにあるツーリングスポットと言うと、利根沼田望郷ラインがありますね!
よし、走りに行ってみましょう〜

国道353号線から県道4号線『赤城道路』に折れ、途中の交差点から農道らしき道へ入ってみる。
マップルには『からっ風街道』という名称があったけど、多分この道かな?
(適当に入ったので確証無しw)
交通量がほとんどなく、めっさ快適だ!

県道70号線と交差するところ。
交差点の右側にはセーブオンが見える。
ここを右折してみるとしましょう。
ツーリングマップルによると、『赤城西麓広域農道』とあります。
多分この道がそうかな?

座標
36°31'53.5"N 139°03'26.6"E

広域農道に入り、幾分か走ったところでふと脇道に曲がってみました。
なかなかの景観じゃないですか!(・∀・)
やっぱ農道っていいですよね!

座標
36°32'53.0"N 139°04'02.8"E

展望台があったので立ち寄ってみました。

座標
36°35'31.6"N 139°05'22.3"E

正面は子持山でしょうか。
確かに眺めは良いのですが、何か工事中の様で重機が。。。(´・∀・`)

天気が良ければ谷川岳も見れるそうですが、本日は今一つ。

道は非常に快適!

赤城西麓広域農道の終点でしょうか?

『利根沼田望郷ライン』の標識がありました。
行ってみましょう!!

嬬恋ほどではありませんが、こちらも素晴らしい快走路です(´ー`)

晴れとなっていた天気予報は今回も安定のはずれ具合。
もう少し晴れ間が欲しかったなぁ。。。

また脇道に入り込んでみました。
いい眺めです!

座標
36°38'05.2"N 139°07'02.9"E

道の脇を彩る花達。
観光道路に欠かせない存在ですね。

さて、唐突ですが、ここで本日のツーリング終了です。
仕事のメールで呼び出されて急遽帰宅するハメになりました(´・ω・`)

国道120号線で望郷ラインを抜け、道の駅『白沢』でトイレ休憩。
天気は結局ほとんど晴れ間なし。
更にはこの手前で若干雨に降られました。
かっぱを着る程ではありませんでしたが、早々に関越に乗り、帰路につきました。

煮え切らない終わり方になってしまいましたが、それなりに楽しめたので良しとしましょうかね。
レポを書いている10月14日、どうやら天気は安定傾向に向かってくれそうです。
しかし、天候や気温の関係で、紅葉を楽しめる期間は少なそうな予感もします。
なんだか、一気に冬が来てしまうのではないでしょうか。
ではまた!